前回、SDReaderで活用できるスイッチアダプターを紹介しましたが、普段使用していた改造マイクケーブルではノイズが気になるので、ノイズ対策をしたマイクケーブルに改造してみました。

ケーブルはビデオ用の、3本のシールド線が纏められたケーブルを流用しました。

スイッチか1つだと下げるだけなので、同じシリーズて3スイッチ用のアダプターを使って3ボタンのマイクケーブルを作ってみました。

コネクターはRCAではなく、ミニキャノンプラグを使用してみました。

ボタンは右手で持った場合の親指側に1つ、人差し指操作できる位置に2つ配置しました。使ってみると人差し指でのボタン操作は、ボリュームコントロールをしながら操作できるので快適でした。

ボタンの割り当ては人差し指で↓↑を親指はAlt+Tabでプログラム切替としました。ボタン1つでSDReaderとSQViewが切り替わるので、コール中に時間を確認したりすることができます。

改造の方法は、4本の電子ワイヤーをシールド線の外側に這わせてケーブル被服のポリエステルの網線で纏めました。